FC2ブログ








官能小説「零れる月」 友人(9) 


涙で視界が滲んでいく。

静寂に包まれて、
白く濁る部屋はまるで夢の中のようで。

びくんびくんと。
鼓動よりも激しく波打つ胎内。
頭の中はもう何も考えられない。


乱暴な愛撫と羞恥に埋もれて、
とろとろと体からは蜜が流れ出すのに
私は、達することができずにいた。


苦しい。
苦しい。


何かにまとわりつかれるように重い体。
腕を引かれて、私は仰向けになった
彼の体の上に倒れ込む。


顎が持ち上げられる。
短く荒い息を零す私の至近距離で、彼の声が導く。


「美羽…俺の欲しい?」
「…ほ…し……」

「ちゃんと俺の顔見ろよ」


彼の顔をすがるように見つめる。
彼の腰を跨るように促されて、重い足を開く。


下腹部に、腿に。
そして広げられたそこに。
熱く固い高ぶりの先端が、滑り出す。


私は腰を上げたまま、彼の胸に上半身を押しつける。
ペニスの先がもどかしく体に触れる度に、びくびくと腰が浮く。


「俺の、美羽の中に入りたいってさ」
髪を梳く彼の優しい口調。

「美羽も…欲しい?…」


彼の先端が、私の入り口をくちゅりと捉える。

「ぁ…っ!!」

「支えててやるよ。欲しいなら自分で入れてみな」
「…っ…!!」

「欲しい欲しいって…ちゃんとおねだりしながら入れろよ」


私は、腰を落とすことができない。

移動した彼のペニスの先が、
ねちょねちょと突起を捏ね始める。
全身を貫く鋭い刺激に声を上げる。


「ひ、ぁ、、ぅっ、、、ああ!!」
「欲しくないの?…ならいいよ」

「…い…や…いやぁぁぁ!!」
「どうするの。入れるの?入れないの?」

「入れ…入れ…て…」
「駄目。欲しいなら欲しがれよ…美羽…」

先端が、また入り口の方へと滑る。


「ほし…い…ほしい…よぅ…」
譫言のように零れだす言葉。


「何が。何が欲しいの…美羽…」
少しずつ体が彼の先端を飲み込んでいく。

「おちんち…ん…欲しい…欲しいの…ぅ」

「誰の…誰のがほしいの」
「か…ずやの……おちんちん…欲しいほしい!!」


「俺も欲しいよ…美羽…」
「あ、、、、、、!!!」


快楽にあがらいきれずに腰を落とす。
固いペニスは、ずるりと容易に滑り込んだ。


限界まで膨れあがったそれは、
私の中をいっぱいに広げて満たしていく。
先端が奥を突く度に、苦痛と紙一重の快感が私を襲って。


「っ…はっ…すげ…」
熱い息を吐き出して彼が呻き声を上げる。

「もっと…もっと見せてよ…淫乱な美羽…」


私はただ、貪ることに夢中になっていく。
密着させていた胸を離し、騎乗位の体勢になる。

彼が下から乳房を揉み上げながら、尖った乳首を丸くなぞる。


「もっと…もっと欲しがってよがれよ……」
「い、、、、っ、、!!!」


乳首が強く摘まれて、走り抜ける電流が胎内に響く。

私の背は跳ねて、反り返る。
垂直に突き刺さったそれが、また深さを増して。


「いい…気持ちいい…ぁ…いいの…!!」
「ッ…ふぅん……いいの?痛くするといいの…?淫乱美羽…」


潰れるほどに揉み上げられた乳房。
ひねり上げられる乳首。

びくびくと奥から波が押し寄せてくる。


「いきた…い…いかせて…いかせてぇ…!!」
泣き声が叫び声に変わる。

「もっと…もっと…ほしい…ほ、、しい…」


彼の手が、揺れる腰を強く掴む。

下から叩き付けるように、そそり立ったペニスが私の体を貫く。

壊れた玩具のように、私の体はがくがくと跳ねる。
私を満たす熱い感覚に酔いしれていく。


もっともっと、かき混ぜて壊して。

獣のように振り立て、擦りつけ合う腰から、欲望が噴出する。


「いけ…よ…いけ…美羽…壊れちまえ……!!」



彼の声が遠くに聞こえる。
私の中がどろどろと溶け出していく。


ねぇ…一人にしないで。

ぽっかりと空いた穴は寂しいの。
欲しがってよ。
もっと私を、求め…て…


後のことは、もう、覚えていない。



……此処は何処…
湿ったシーツの感触に目を開ける。


睫を揺らす寝息。

私はしっかりと一哉の胸に抱かれて眠っていた。
体を揺らすと、まるで本能のようにまた強く抱き寄せられる。


二人とも、シャワーも浴びずに眠ってしまったようだ。
湿り気を帯びた体はまだ生々しくて。
脱ぎ散らかされた衣服が散乱する、部屋。


彼でも恋人でもない男性。
行為が終わっても消えてしまわない彼の姿が不思議で。

疲れ果て、安心した表情で眠る彼の頬を撫でる。


窓際から微かに届く波の音。

そっと、彼の腕の中から抜け出す。
立ち上がるとふらふらと目眩がした。


体に染みついた彼の臭い。

不意に込み上げてくる嘔吐感に、私は口を覆う。
洗面所に駆け込込んだ私は、
訳も判らないまま全てを吐き出してしまった。


よろめきながら熱いシャワーを浴びる。
汚れた体と、自分のものではない体臭を洗い流すために。

叩き付ける水音の中でフラッシュバックする映像。

固く目を閉じても、ぐらぐらと私の世界は揺らいでいた。




ランキング応援いつも有り難うございます(別窓で開きます)
人気ブログランキングへ

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miwamiwa.blog13.fc2.com/tb.php/35-8bf88727


-

管理人の承認後に表示されます
[2012/04/09 12:42] URL


出会い