FC2ブログ








官能小説「零れる月」 友人(7) 


閉じようとする腿も強い力に阻まれて。
中心を晒したまま、がたがたと震えるだけ。


「ほら、貼り付いてる。美羽ちゃんの形…丸見え」


彼の熱い息がショーツにかかって、びくりと背が浮く。
私は体を捩って、手首に絡んだニットを振り解いた。

「やめ…やめて…見ないで…」

自由になった腕で彼の頭を押し戻そうとしたけれど、
彼は動じる気配もない。


「見せて貰うって言っただろ。動くなよ」
「ひ、、い、やぁぁぁ…」

彼の舌がショーツ越しの秘部に押しつけられる。

「ひ…っ…ん……!」
唾液で濡れていく布越しに、愛液に溺れそうな突起が転がされる。

「やめ…ぁ…ぁ…」
「力抜いて。もっと脚開いて…」


私の脚から、少しずつ力が抜けていく。

「そう。いい子」

ちゃぷちゃぷと音を立てながら、彼の舌でショーツが濡らされていく。
もどかしい刺激が羞恥を呷って、熱い吐息が零れる。

「いやらしい…臭い…」

「あ、、!!!」
彼の鼻先が埋められて声を上げる。


「美羽ちゃんの味…」

ちろちろと舌先が、ショーツの股布の間から侵入してくる。

「もっと飲ませてよ…」
「ぁ…ぁ…ぅ…」

「ねぇ・・・おまんこ見せて」


ショーツがゆっくりと脱がされていく。
止めようとした私の指先は、力無く彼の手から滑り落ちて。


震える脚が大きく開かれて、愛液の溢れる箇所が冷たい空気に晒される。

「はぁ…よく見えるよ。美羽ちゃんのおまんこ…」


彼の声を、私は遠い意識の中から聞く。

「どろどろに溢れて…いやらしいおまんこだな」

脚の間に沈み込んでいく頭。
「ひくひくして…ほら、奥まで」


息のかかる位置。視線のみで犯され続ける。

「見ないで…見ないで…」
恥ずかしさで涙が溢れて、顔を覆う。


「恥ずかしい…?ふふ。こんなに濡れてるのに」
彼の言葉に、私の奥がびくびくと震え出す。

「もっと見て欲しいだろ?・・奥の奥まで見てあげようか」
彼が膝裏を押して、私の中はぱっくりと無防備にその姿を晒す。


「お汁、垂れそうだな。吸わなきゃ見えない」
「だめ、、だめ、、、舐めるのは…いやぁ…!!」

「どうして。だって、見えないよ」
「ぁ、、、ああああ!!」


じゅるりと音を立てて、彼が溢れる泉を吸い上げる。

「やめ、、、いやぁぁ…!」
「…美味しい…」

彼の舌が開いた秘部に差し込まれて、ちゃぷちゃぷと愛液を掬い出す。
熱く蠢く舌。二人の粘液が混ざり合う音に、頭の芯が痺れる。

「…ぁ…ぁ…ぁ、、ぅんんっ!」
「力抜いて」


秘部を晒されて、私は無防備になっていく。
体の全てを委ねて、快楽に溺れていく。

羞恥や罪悪感も。理性は少しずつ薄らいで。
諦めに似た、心と体を投げ出す感覚。


「ふふ。気持ちいい?」
半開きの唇。視線は虚ろに彷徨いだす。

彼の視線に、私は従順になる。
「…きも…ちい…」

「いいよ。声出して…感じて」


クリトリスが唇で挟み込まれて、舌先で優しく転がされる。
「ぃっ、、、いい…ぁ…!!!」


「いいの…?どうして欲しい」
「ぁ…ぅ…」

「もっと舐めて欲しいの?」
「もっ…と…ぁ…」

「聞こえない」
「舐めて…舐めてぇ…!!」


彼が突起を吸い上げる。私は悲鳴を上げる。
唾液と愛液が混ざり合ったものが臀部を伝っていく。

ちゅぷ。
柔らかく熱い舌が、突然固く閉じた後ろの窄まりに押し当てられた。


「え… ぁ、、、いや!!!」

「こっちは…嫌?」
「ぁ…いや…だめ…そんなとこ…」

「こっちは…まだ食われてないんだな」
「ひ…!!」


ぞくぞくと背筋を這い上る、違和感。
指先で掬われた愛液が、ぬるぬると菊門を滑る。


「やめ…やめ…」

恐怖と、羞恥と。

「力抜いて…」
「ぁ…や…」


ぬるんでいく箇所をくすぐるように刺激される。

「いれ…いれないで…ぇ…ッ」

「ふふ。入れて欲しいの?」
彼の指先が、窄まりをつつく。

「いや…ちが…!!」


びくびくと秘部が震える。
「こんなとこ突かれて…また溢れてる」


「俺のモノにしちゃおうか」
ぐぐ、と指先が菊門に差しいれられる。

「いや、、、いやぁ、、、お願い、、お願い!!」


異物感と、熱さ。
第一関節のあたりまで埋め込まれた指先。

彼は、少しずつ滑りの良くなっていくアナルを
弄ぶように出し入れを繰り返す。


「可愛いな…」
彼の唇が、溢れ出す蜜を啜る。

「まだこっちも食べてないしな」
彼の指先が、名残惜しそうにアナルから引き抜かれる。


私は、大きく息を吐き出す。


「美羽ちゃんにも見せてあげるよ」

上体を抱き起こされて、彼の肩越しに私の虚ろな目が映った。




ランキング応援いつも有り難うございます(別窓で開きます)
人気ブログランキングへ

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miwamiwa.blog13.fc2.com/tb.php/32-caa66042


-

管理人の承認後に表示されます
[2012/04/09 12:42] URL


出会い