FC2ブログ








官能小説「零れる月」 友人(6) 


二人を乗せた車は、そのまま海沿いのホテルへと向かった。

暗くうねる海から微かに波音が聞こえてくる。
駐車場に止まっても、彼は車から降りようとしなかった。


「本当に、いいの?」
ハンドルの上で手を組んだ彼が口を開く。

強く確かめる口調に、正常に戻りそうになる意識。
でも、誘ったのは私だ。

「…うん」


彼は、やっと車から降りて助手席のドアを開けた。
差し出された手を繋ぐ。

「…中途半端じゃ帰らせないからな」


少し怒ったような表情に視線を逸らす。
目を合わせられないまま、二人は行為の部屋へと向かった。



部屋に入った途端、大きな鏡に二人の姿が映りこんでぎくりとする。

「今なら、ギリギリ我慢できるよ?」

指先が顎のラインをなぞり上げ、被さる影が少しずつ近付いてくる。


私は、彼のキスを受けるために顔を上げた。
息の触れ合う距離で重なりそうな唇に息を呑む。


けれど。
彼は重なる寸前で唇を止めてしまった。

最後の確認のように。
見つめる瞳。強く絡められる、指先。


私は少し躊躇った後、自分から唇を押しつけた。
ゆっくりと、舌先でその乾いた唇を潤す。

彼は苦笑いのような表情で私のキスを受けた。
腕が腰に回されて、差し出された舌が絡み合う。

小さな水音が静かな部屋に響き初めて、
かかる息が熱くなっていく。


お互いの舌を貪り合うような長い長いキス。

「…っふ…」
水音の合間に、吐息が零れる。


唇も、口内も。

じっくりと犯されていく感覚に、体の芯が痺れていく。
頭の中は、抑えきれない性衝動に支配されて。


求めるように体を押しつける。
口付けを深くしながら、彼の熱い手の平がシャツの中に滑り込む。


プラがずり上げられて、乳房が温もりに包まれた。
私は、熱い息を吐き出す。


「…そんなにしたいの?」
耳朶を甘噛みしながら、彼が優しい声で囁く。

「もう、乳首が…ほら」


固く尖った乳首が、彼の手の平で転がされる。
甘い刺激に、もう意識が遠のきそうだ。


「いやらしいな」
甘い刺激から一転、乳首が強く捻られて背がしなる。

「、、、ひぁっ!!」


彼は、声を上げた私を引きずるように、
乱暴にベッドへと押し倒す。

固いスプリングに、緩く体が弾む。
急いた手にプラとニットがずり上げられて、
彼の前に無防備な肌が露出した。


万歳の姿勢のまま、両手首に絡まったニット。

まるで拘束されているような錯覚に陥る。
振り払えるはずのものが振り払えずに、私は従順に体を晒す。


「いい子…動くなよ」
彼は私の顔を見上げながら、乳首へと舌を伸ばす。


ちゅ、ぷ…
唾液をたっぷりと含ませた舌が乳房を這い回って、身を捩る。

「ぁ…ぁ…」
「食べるとこ、ちゃんと見てて」

彼の言葉に、ふるふると首を振る。
「ほら、鏡にも映ってるだろ。美羽ちゃんのいやらしい体・・・」


わざと、私に見えるように彼は体をずらす。

淫猥で虚ろな瞳の自分の姿が目に飛び込んで、体中が羞恥に震える。

「い…や…いやぁ…!」
「今更、止められない」

強い声が私を射抜く。

「俺の顔見てる?それとも自分の感じてる顔、見てる?」

乳首に甘く歯を立てながら、彼が喉奥で笑う。
「ふふ。選んでいいよ」

「ぁ…っ!!」


残酷な子供のように、楽しげに乳首を弄ぶ彼。
「ほら、どっち見るの」

私は、固く閉じた目を開けられない。
ぶるぶると足先が小刻みに震える。

私の唇が、またずり上がった彼の舌でこじ開けられた。
「ぁ・・くんっ・・・んんぅ・・!!」

彼の唾液が口内に流し込まれる。
白い体液を流し込まれた感覚が甦る。
体液が注ぎ込まれる度に、私の体は汚れていく。


夢中で喉を鳴らす。
全身の力が抜けていく。

「ぁ…ふ…んん…」
「俺を、見てろ」


唾液の糸を引きながら、彼の唇が遠ざかる。
私はその姿を融けた目で追う。

目を合わせたまま、彼が乳首を舐め上げる。
「ぁ…っ…ぁぅ…っ…!」

「いやらしい顔…」
「み…みないで…みない…で…」


視線と舌で犯されて、体の奥から熱さが零れ出す。
両腕を頭上に掲げたまま、ゆるりと腰が揺れ出す。

「見られて感じるんだろ。美羽ちゃんは」

彼がスカートに手を掛けて、一気に引きずり下ろす。
ストッキングは、荒々しく裂かれてショーツが露出する。

「い…いやぁぁぁ!!!」
「嘘付くなよ。こんなに染み作って」

M字に開かれて固定された脚。
その奥が、びくびくと震えるのが判る。


溢れ出す泉の傍に彼の頭が沈み込むのを、
私は為す術もなく目で追い続けた。





ランキング応援いつも有り難うございます(別窓で開きます)
人気ブログランキングへ

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miwamiwa.blog13.fc2.com/tb.php/31-b3c1585f




出会い