FC2ブログ








官能小説「零れる月」 教師(8) 


彼の唇が、ゆっくりと私の唇を食む。


吐息は、彼に飲み込まれる。
彼の荒い息遣いも、私の中に注ぎ込まれていく。

息をするのももどかしそうに、
彼の唇は角度を変えながら深く落とされて。


私の涙に濡れた頬を、拭うように彼の指が滑る。

強く引き寄せられた腰と塞がれた唇。
苦しくて息ができない。

遠のきそうになる意識の中で、私も彼の熱さを求めて唇を開く。


ちゅぷちゅくと音を立てて絡められる舌。

口内の壁を擦りあげ、彼の唾液が流し込まれる。
舌を吸い上げられて、飲み干すことのできない滴は口元から零れて。
濡れた箇所が絡み合う熱さに、体が溶けてしまいそうだ。


もっと、もっと。彼に求めて欲しい。

私は彼のネクタイに指先を伸ばす。
それを合図のように、二人は抱き合って繋がったままベッドに倒れ込んだ。


彼はいつもよりもゆっくりと時間をかけて、私の衣服を脱がしていく。

露わになっていく肌に、唇が滑る。
私は、微かな刺激にも息を呑む。
自然に絡み合う指先。



いつもの叩き付けるような抱き方ではない。

愛撫もそこそこに突き入れるだけのセックス。
私は、それに慣れきっていた。
この人は、こんな抱き方しかできないのだと思いこんでいた。


なのに。

彼の舌先は、触れるだけで声が上がる全ての箇所を知り尽くしていて。
私は、翻弄されるままに甘く啼き声を上げる。


「美羽…」
何度も名を呼ばれる。

呼ばれるたびに、その指を強く握り返す。


尖った乳首に、唾液が執拗に落とされて絡められる。
ぬるぬると焦らすように、舌が乳首の周りを這い回る。


「ぁっ…ぁ…!」
背がしなって、身体が浮き上がる。

「…気持ちいいか?」
彼の押し殺した声が聞こえる。

「あ…いい…きもち…いい…」
「もっと…声、聞かせてくれよ。美羽」


彼が乳首に歯を立てる。

「ひ…ぅあっ!」
引きつった足先がシーツを掻く。


全裸になった私の上で、彼がネクタイを緩める。

私は、震える指をボタンへと伸ばす。
上手く外せないでいる私の手を彼が一瞬強く握った。


顔を見上げる。
真っ直ぐに見据える瞳。

少し笑みを浮かべながら、彼がワイシャツを脱ぎ捨てる。
急くようにベルトを外し、彼もまた全裸になる。


二人の熱い胸が重なって、ゆっくりと息を吐く。

この、私の全てが安定する感じ。
私は、いつもこの熱さを求めているのだ。


肌をぴったりと寄せ合ったまま唇を重ね、
お互いの唾液を貪るように飲み干す。

彼の固く熱い高ぶりの先から零れたものが、私の腿を濡らす。


私のそこは、もうとろとろと溢れ出して熔けて。
その入り口は、舌を絡めるたびにぴくぴくと震え出している。

彼の指先がそこへと滑り落ちる時には、
溺れてしまいそうなぐらいに濡れそぼり、溢れかえっていた。


ちゃぷ。じゅく。
卑猥な音を遠い意識の中で聞く。


「美羽…お前のまんこ、どろどろ」
唇の傍で、彼が囁く。

私は、求めるように身体を開く。
「もっと…もっとどろどろに…して…」

私の呻くような声に、彼のスイッチが切り替わる。


「もっと?こんなに濡らして…淫乱な女…」
「なぁ…誰がこんな風にしたんだ」

執拗に責め立てながら、彼の息が荒くなるのを感じる。
「ああ、、裕介さ…」


「此処は誰のものだよ。あ?お前の身体は誰のものか言ってみろ」

低い声に視界が潤んで、声も出せない。

「言ってみろよ」

その声だけで、果ててしまいそうになる。


「裕介…さんのものな…の…」
私は喘ぎながら彼の背中に爪先を立てる。

「わたしのいやらしい…とこ…全部…あなたのもの…」


ぐちゅぐちゅと愛液が泡立つほど、彼の指が出し入れを繰り返す。
私は、その指を飲み込んで、締め付けて。


「これ以上…溺れさせるな」
彼が、また唇を落としてくる。

「はや…く…はやく…ほしい…」

「何が欲しい」
「…ぅ…」

「言え」
「お…ちんち…ほし…」

「誰の。誰のちんぽが欲しいんだ」
「ゆうす…けさんの…っあ…」

「ちゃんと言え」
「ゆ…っ…ゆうすけさんの…おちんぽほしい…ぃっ!」


叫び声を上げる。涙が滲む。
膝裏に手を掛けられ、限界まで足が広げられる。

「やらしいまんこだな…」
ぱっくりと開いた中まで、視線が入り込んで体が震える。

「此処は俺のモノだ」


低い声で、確認するように。
彼の高ぶりが熔けた箇所をずるずると往復する。

「…っ…ぅぁんんっ…!!」
私は甘えた声を上げながら、腰を揺らして擦りつける。

「他のちんぽじゃ駄目な身体にしてやるよ…」
「あ…あ…」

ずるりと彼の熱さが私の中に沈み込む。

私の中が、まるで喜ぶかのように
びくびくと細かく痙攣しながら、彼のものを受け入れていく。


「…っ…は…美羽…」
「…ひ…ひ…だ…め…わ…たし…」
「…ッく…いいか?…ちんぽ…いいか…?」
「い…いいの…おちんぽ…いいっ…!!」
「ほら…美羽のまんこに…入ってる」
「あ、、、おまん…こ…きもち…い…」


熱い息が絡み合う。

「…愛してる……美羽…」


私も。
私も愛してるわ。


出せない言葉。
代わりに叫び声を上げながら彼のものを受け止める。

「もっと…もっと奥までつい…て…!!」


部屋に、ぐっちゃぐっちゅと湿った音が響く。
私は、彼の動きに合わせて腰を振る。

汗と涙で髪が貼り付いているのを指先で避けながら、彼は唇を落とし続ける。
私は、だらしなく開いた唇で彼の唾液を受け続ける。


体中、どろどろと混ざり合う二人の体液で汚されて。

きつく抱き合ったまま、彼の白濁が私の奥に注がれて、溢れた。




ランキング応援いつも有り難うございます(別窓で開きます)
人気ブログランキングへ

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miwamiwa.blog13.fc2.com/tb.php/26-41ab6c0c




出会い