FC2ブログ








官能小説「零れる月」 恋人(5) 


「これで…エッチな格好になった」

彼が耳に舌を這わせながら、卑猥な手付きで尻肉を揉み上げる。

「…っ…くぅ…ん」
熱い息が耳にかかって身悶える。

「…エッチな美羽が好き」

彼の舌が、ぬるりと耳の中に入る。
籠もる音、ぴちゃぴちゃと出し入れされる舌先に甘く声が漏れた。

「…っ…だめぇ…」
「どうして…?」

彼の手の平がニットの中に侵入して、素肌を滑り上がる。
「駄目?」

プラがずり上げられて乳房が零れた。
「…ぁ…っ」

乱暴に乳房を揉み上げる手の平。
人差し指が乳首へと伸ばされる。

「ひ、ぅっ…!」
「もう立ってるの?」

すでに堅く尖った乳首から、痺れるような快感が走る。


「美羽のエッチ…」
エプロンの下で、両の乳房が揉み上げられる。
背後から揉み上げながら、弄ぶように彼の指先が乳首を転がす。

「ぁっ…ぁ…ぅっ…!!」

びくびくと背が反り返る。
喉元に彼の唇が吸い付く。

「…っ…は…すげーしたい…」


荒くなる息。

『したい』
彼の言葉に反応する体。

乳首から走り抜ける刺激は、びくびくと体の奥を震わせて。
熱く滲んでいく愛液。


両の乳首を、彼が不意に強く指先で摘む。

「ぁ…ぅっ…!!痛っ…!」
「痛くすると…喜ぶよな?美羽…」


優しい声。
それでも、きりきりと乳首が押しつぶされる。

「…ぁ…ぁ…」
甘く切なく上がる声。

「ほら、喜んでる」
彼は、私の体を、反応を見逃さない。


私は、Mなんだろうか。
飛びそうになる意識の中で一哉の言葉を思い出す。



彼の指先が、ショーツ越しに秘部に触れる。

「うわ…びしょびしょ」
「ぁっ…っ…いや…」

私は、恥ずかしくて腰を捩る。
「凄い濡れ方…」

彼は、ショーツを避けて、溶けた部分に指を滑らせる。

「…ぁ…ぁ…りょ…ぅ…」

腰が揺れる。
滑りの良くなった部分を彼の指先が何度も往復する。

「…ちゃんと全部出さなきゃな」
彼が、跪く格好になって、ショーツ越しの臀部に口付ける。


「…ん…ッ」
「あ…!!」

彼の人差し指が体の中に突き立てられる。

ぐちゅぐちゅと音を立ててかき混ぜられて気が遠くなる。
中で折り曲げられた指は、膣壁を擦って。
愛液を掻きだすように何度も出し入れを繰り返す。


「何か…入れるもの」
彼が何かを探している様子に、我に返る。

「ふふ。キュウリとか…入る?」

彼の言葉に蒼くなる。

「入るよな。俺のより細いし」
「やめてやめて…!」

懇願する私に、まな板に手を伸ばし掛けた彼が諦め顔で笑う。

「わかった。キュウリは入れないよ」

ほっと息を吐く。


「これならいいな」
彼が、掛けてあったお玉を手に取る。

「…え?!」
「ほら、お尻突き出して…」


ショーツがずり下ろされる。
私は震える体でシンクにしがみつく。

「脚、開いて」

私は、彼の言うままに、少し脚を開く。
冷たく固い感触が、秘部に触れる。

彼は覗き込む格好で、先の丸まったプラスチックの柄を割れ目に滑らせる。

「・・・入るかな」

まるで、無邪気な実験をしているみたいだ。


ちゅぷ。
愛液の弾ける音が聞こえて、柄の先が入り口を捉える。

「ぁ…っ…あああ…」
体に、少しずつ埋め込まれる異物。

「入ってくよ…美羽…」

ペニスよりも、細くて、無機質な堅さを感じる。

挿入される快感と言うより、
そんなものを受け入れている羞恥心で体の奥が震えた。


ずりずりと少しずつ出し入れが始まる。

「…は…ッ…はぁッ…!」
「はぁ…見えるよ…美羽のおまんこ…」

彼の息がどんどん上がっていく。


私は、見せつけるように腰を上げる。
「はずかし…っ…恥ずかしい…よ…ぅっ」


体の奥を支配する何か。
羞恥心の中で、彼に全てを見られたい衝動に駆られる。

じゅぷ。じゅぷ。音が大きくなっていく。

「泡立ってる…」

彼の感嘆に似た声。
激しくなる出し入れ。

奥を突かれる度に、声が跳ね上がって涙が滲む。


異物が引き抜かれた直後。
彼のものが、乱暴に突き上げてきた。
熱く、大きい高ぶりが、私の体を割り広げる。

「ひぁ…ぅぅっ……!!!」
叫びそうになる口を自分の手の平で塞ぐ。

シンクにしがみつく格好。
立ったままの体勢で、後ろから激しく貫かれる。


「美羽…み…わ…」

譫言のように、何度も何度も名を呼ばれる。
信じられる彼。彼になら、全てを見せてもいい。


「もっと…ぁ…良の…すご……」

深く受け止めるように、腰を突き出す。
奥が貫かれると、苦しさと紙一重の快感に襲われて悲鳴を上げる。


「駄目だ…すぐ…いっちまう」
動きを止めそうになる彼。

「いいの…いい…いっていいから…」
「早く出して…ぇっ…私…いく…いっちゃうぅッ!!」


彼の動きが早く、乱暴になる。
すぐに私の頭の中は真っ白になる。
何度も何度も押し寄せる波。

私の体は、彼の精を受け止めた後も、びくびくと蠢き続けた。



「鍋ごと持ってきてよ」

彼が、机の上に雑誌を置きながら声を掛ける。
煮詰まりすぎて、ほんの少し焦げ臭さ漂うビーフシチュー。


「美味しいよ」
にこにこと、本当に美味しそうに食べてくれる彼。
私は、性欲が満たされたせいか、一向に食欲が沸かない。

「食べないの?」
きょとんとしている彼に、おかわりのシチューを注ぐ。


注ぎながら、お玉を見つめる。
流石に、さっきまで挿していたものではないけれど。
恥ずかしさと可笑しさで、笑いが零れる。

「こういうのも、やっぱりいいな」
「…そうだね」


穏やかで、満たされた時間。
この人となら、きっと…

私は、時計から意識を逸らす。
いつも、貴方の声を待つ、時間帯。




ランキング応援いつも有り難うございます(別窓で開きます)
人気ブログランキングへ

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miwamiwa.blog13.fc2.com/tb.php/21-29c3048f




出会い