FC2ブログ








官能小説「零れる月」 友人(3) 


「…いっちゃったの?」

彼が額をくっつけて覗き込む。
羞恥で顔が染まる。


「…ごめん…なさ…い…

「美羽ちゃんは敏感だな。可愛いよ」
彼が、びくびくと震える箇所から指を離す。

「ほらみて」
差し出された彼の手は、手首まで愛液にまみれて。

「いや……」

彼は、視線を逸らそうとする私の前で、その指先を口に含んだ。

「おいし…美羽ちゃんの味がする」
「やめ…」

腕ににすがる私の耳元で彼が呟く。

「もう、俺も我慢できないんだけど」


一度達して、私は少し正気に戻りかけていた。
それでも、熱い高ぶりが腿に押しつけられる。

「嫌ならしない」
凛とした声で彼が言う。

でも、苦笑いの表情はとても苦しげで。


躊躇しながら、高ぶりに指を伸ばす。
そっと握ると、彼の口から熱い息が零れた。

「…触ると我慢できなくなる」
苦しげに呻く彼の高ぶりをゆっくりと扱く。

「…っ…は…」
彼が腰を前後に揺すり始める。

「…く…入れちゃうぞ…」
どんどんと息の荒くなる彼。


「…お口でさせて…」
私の言葉に、彼はびくりとして顔を見た。

「…っ…駄目だよ…」
今度は、彼が腰を引く。

黙ったままで、体を下へと滑らせる。
「今度は私がさせて…」


彼の高ぶりは堅く反り返り、
先端は先走りの液で濡れている。

私は、彼の腰を下から両手で抱え込んで、
びくびくと震えるペニスを口内へと導く。

「…ぅ…ぁっ……」
彼の臭いと味が広がる。少し顔を顰めながら、
それを舐め取るように舌を動かす。

「…っ…み…わちゃ…」

震える腰が、ゆっくりと私の上で動き出して口内を犯す。

「…っ…んっ、くっ…んっ」

苦しくて唾液が零れ出す。
それでも、にじみ出る味にまた体が熱くなって。

「…っ…もっと吸って…ぁ…」

吸い上げると、ペニスがびくびくと震えた。
歯を立てぬように、それだけに神経を使う。

フェラチオの経験があまり無くて、上手くできているか心配だった。
それでも、彼は、気持ちいいと何度も口に出してくれる。
私はその高ぶりに必死で舌を絡める。



喉奥をいきなり突かれた、あの彼とのセックス。
昼間、逢ったばかりの彼のことを思い出す。
私のことを、愛してる、と言った。

いつも吐き出すようなセックスで私を汚す彼。
彼に初めて貫かれてから、私の体は彼の玩具だった。

いつもいつも、嘘をつく彼。
それでも、愛してるなんて一度も口に出したことは無かった。


私は、玩具で良かったのに。
貴方の玩具で良かったのに。

貴方は体だけが望みで。
私は体だけ捧げる。

そうすれば、私も傷つくことがないから。
セックスに溺れている間だけ、貴方のことを、欲して。

それで良かったのに。
抑えている感情。


貴方にとって、玩具で、子供で。
それでも、私は貴方から離れられないのに。



私の感情は、口内に今差し込まれている高ぶりへと注がれる。
彼じゃないペニスに汚されながら、私は零れる滴でシーツを濡らした。

「…っ…出そう…」
彼の呻く声で、意識が戻る。

「ぁ…どこに出したら…」
彼の言葉に、深くペニスを受け入れて吸い上げた。

「…っ…あ!!!」
彼の精が口内で弾ける。

我慢しきれずに腰を動かす彼。
喉奥を突かれて、涙が滲む。

私は、絡みつくその精を、幾度も喉を鳴らして飲み干した。



「彼と別れる気、ないの?」

腕枕に包まれて、微睡みの淵にいた私に彼が声を掛ける。

「…彼…」

一哉の言っているのが同い年の彼のことだと気付くまで、少し時間がかかった。

「うん…」

優しい彼の顔が浮かぶ。
行為の最中、一度も思い出すことの無かった彼。


「私…帰らなきゃ…」
気怠い体を起こす。

一哉は、何も言わなかった。



ホテルから出た二人は、今度こそタクシーを探して歩き始めた。
もう明け方近くて、タクシーはなかなか見つからない。
それでも、二人でゆったりと肩を並べて歩いた。


「美羽ちゃん、連絡先とか…聞いちゃ駄目?」

彼の言葉に、少し迷う。

迷いを察したのか、彼が明るい調子で言う。
「一回だけ電話番号言ってよ。俺が覚えられたら、ってことで」

私は、少し早口で連絡先を告げた。
彼は、何度もぶつぶつと復唱してから、よし、と笑顔を向けた。

「電話、するよ」
「…うん」


やっと見つかったタクシーに、一人で乗り込む。
ミラー越しに、立ちつくしたまま見送る一哉の姿が見えた。



『愛してる』

流れる景色を見つめたまま、彼の言葉を思い出す。
強張った心を、ゆっくりと解くように。


どこに真実があるのか、私には判らない。
ただ、いつも。
私の心を支配するのはあなただけ。


泣くまいと引き結んだ唇が震えて、
見開いたままの瞳から涙が零れた。

ぽたぽたと止めどなく零れる大粒の月。

溺れて溺れて。
私は何処に行ってしまうんだろう。




ランキング応援いつも有り難うございます(別窓で開きます)
人気ブログランキングへ

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miwamiwa.blog13.fc2.com/tb.php/16-5739fd0a




出会い