FC2ブログ








官能小説「零れる月」 教師(1) 

私は、いわゆる優等生だった。

要領の良さからそれなりの点数は取れたし、目に見える問題行動もない。
制服だって、規定の白襟のセーラーのネクタイを、ほんの少し短くしたり
スカートを膝上に上げる程度。

ごくごく普通の日常を。
敷かれたレールを踏み外すことなく、幼い私は毎日を過ごしていた。
 
そう。
彼との関係が変わるまでは。


彼は、三十代半ばの数学教師。
進学クラスを受け持つ彼には、奥さんと二人の子供がいた。

文系だった私は、直接彼の授業を受けることはなかったけれど、
ランクが上の大学を狙う為には、理系の強化が必要だと
担任達に勧められるまま、彼の特別補習を受けることになった。


それが彼との付き合いを深めるきっかけになったのだが。


放課後、小さな研究室での二人だけの補習。
乱雑に散らかった本だの、プリントだので、机も埋もれそうな部屋。

最初に意識したのは、いつだっただろう。


一番最初に想い出されるのは、背後から包みこまれた大きな胸。

すっぽりとその腕の中に収まってしまった私は
彼の臭いを吸い込み、彼の鼓動に包まれて
その瞬間に、彼を初めて「男」だと意識してしまったのだと思う。


恋に落ちてからの毎日は楽しかった。


「おい、お前」
口の悪い彼はいつも、私をそう呼んだ。

誰が居ようが、変わらない乱雑な扱いがかえって嬉しくて


狭い部屋で、二人の体の距離は少しずつ、少しずつ、近くなっていく。
放課後の、いつもの補習。いつもの部屋。

その日違ったのは、彼の眼差しだけ。


引き寄せる腕に、視線を上げ
初めて下の名前を呼ばれた瞬間、私は唇を塞がれていた。

煙草の味が混ざった唾液。
貪るようにこじいれられる舌に、息もできない。

でも、突き放すことができぬまま… 背中に腕を回す。

急いた手付きでセーラーの上着が捲られる。
初めて肌に触れる大きくて熱い掌。


プラが露わになる。

躊躇することも許されずに、激しく口付けたままホックが外された。
「…ゃ…」

唇が離れた一瞬
絞り出した声に、一瞬動きが止まる。

「……嫌か?」
低い声、怖いほどの眼差し。


私を欲している、その感覚が体を熱くして頷くことしかできない。

彼は黙って上着を脱ぐと、埃にまみれた床に投げた。
そして、ゆっくりとその上に私を横たえていく。

熱い息が耳元にかかる。
近付いてくる瞳。

まるで、ドラマのワンシーンのように
コマ送りの風景が静かに流れる。


彼が、覆い被さったままネクタイを緩める。
首筋に、ぬちゃり、舌の這う感覚。

「…ひ…っ!!」
夢から覚めたように、声が上がる。

「…っと、声は出すなよ…頼むから」

ドアの方を見遣った彼は私から離れて
廊下の気配を窺うようにしてから鍵を回した。

ゆっくりと閉じられる鍵が、かちりと小さな音を立てる。
その音すら、静かな空間に大袈裟に響いて聞こえた。


体中を、ねとりとした舌が滑っていく。

捲り上げられた上着に、引っかかったプラ。
ワイヤーが擦れて痛い。

「…ぁッ…!!」
ちゅる、卑猥な音を立てて、乳首が唇に挟まれる。

「…っ…ぅ…ぅぅぅっ…!!」
「…声出すな」

低い声に、私は自分の手の甲を噛みしめる。

固く尖った乳首は甘く痺れて
彼は、乱暴に乳房にむしゃぶりつく。

私はただ、染みの付いた天井にぼんやりと視線を泳がせながら
身体の芯が熱くなる感覚に身を任せていた。


少しずつ滑り落ちていく舌。
スカートを捲った熱い掌が、太股に触れる。

一瞬身を固くした私に、彼はまた深く口付けを落とした。


「初めて…だよな…」
一瞬我に返ったような、彼の目の奥に迷いが見える。


「けど…お前、濡れてるぞ」

骨張った指が、乱暴にショーツの中に潜り込む。


「…っ…ぅ…!!!」


唇は塞がれたまま、割り入った腰に震える足は開かれていき
敏感な部分への乱暴な刺激に、声が跳ね上がりそうになる。

抵抗を示しだした体に、どんどんと愛撫は急いていく。


かちゃり。
音を立ててベルトが外された。

赤黒く猛ったものが目に入る。
思わず息を呑む。

参考書の山を忌々しそうに蹴ってから、足の間に体を滑り込ませた彼は
まだ十分に湿らないそこに、片手で支えた高ぶりの先端を押しつけてきた。

「…っ…!!いた…っ…いた……いっ」


痛みで腰が逃げる。
体を引き裂かれる痛み。
異物が侵入する恐怖感。

「力抜いて……くッ……きつ…」


ぽたぽたと、彼の額から落ちる汗が胸を濡らす。


「…っ…だめ…だめ…はいらな…!」


逃げる腰を両手が捉える。
その熱さに息を抜いた瞬間、

ぶつ、、っ


一気に突き刺される。
体の中がはじけ飛ぶ感覚。

鈍く熱い痛みで涙が滲む。


「…ぁ…く……っ」
呻く声とともに、熱く麻痺したそこに向けて高ぶりが容赦なく埋め込まれていく。

「…ッ…く…入った…」
理性の失われた瞳で私の体は奥まで貫かれた。


「…く…はぁっ・…ぁっ」

身体の奥に留まっていたものが少しずつ動き出し、
早さを増しながら、腰が打ち付けられる。

まるで、人形のように跳ねる体を押さえつけ、貪るように口づけを繰り返しながら。

うるみを増した私の体は、高ぶりをきつく締め付けながら熱く痺れていく。
打ち付ける音と、荒い息使いだけが部屋に木霊する。


目の前が霞んで見えない。
ただ、汗ばんだ身体に縋り付き、自分の身体が初めて使われる違和感に耐える。

「…っ…ぁ……ッく……は、ッ…!!!」


激しさと早さを増す動き。
声が出せない代わりに、ぼろぼろと涙が零れた。

苦しげに呻いた彼は、私の限界を悟ったのか
早急な仕草で私の身体からペニスを抜き取り、

片手で扱くと、獣の匂いのそれを私のお腹に弾けさせた。



「とうとう食っちまったよ」


ぎしりと音の鳴る椅子に体を投げ出した彼は、
いつものセブンスターに火を灯すと、いつもの悪びれない声で呟いた。

呆然と床に体を投げ出したままの私に複雑な笑みを向ける。



夕日に染まっていた部屋は、いつの間にか暗く日の落ちた外に取り残されて…

これからの情事の舞台となるのだ。


■携帯からすぐに見られるアダルト
DMM.ADULT モバイル
■アダルトコミックや官能小説が携帯からすぐ読める
DMM.ADULT 電子書籍
■携帯からアダルトDVDを安価でレンタル
DMM.ADULT レンタル







ランキング応援いつも有り難うございます(別窓で開きます)
人気ブログランキングへ

こんにちは

リンクのお誘いありがとうございます。
リンク作業完了致しました。官能小説も ドキドキしながら読ませて頂きました^^これからは宜しくお願いします。また遊びにきて下さいね。
[ 2009/05/26 17:36 ] [ 編集 ]

莉奈さま

突然の申し出を快諾して下さり有り難うございます!

莉奈さんの裸体が余りに綺麗だったので、此方からすぐに見に行けるように貼ってしまいました(笑)
なにせ、私の書くスピードも遅く(未だにブログ機能も使いこなせていません)
来て下さる方も莉奈さんのところへ飛べるようになれば、きっと楽しんでいただけると思います。

拙いサイトですが、これから宜しくお願い致します。
[ 2009/05/26 21:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miwamiwa.blog13.fc2.com/tb.php/1-7387de81




出会い